本文へスキップ
 

イヴェント



第17回歌声バスツアー 2018.4.9
前回の記事から3年、その間に10ほど、昨年は河津さくら、岡崎城の桜、秋には信州、赤そばの里、そして修善寺紅葉と4回出かけた。今回は富士山世界遺産センターと甲州の桜と桃の花を求めて。
静岡7時半出発。すでに焼津から4人が先に乗っています、清水からの4名を加えて総勢43人。まずは世界遺産センター、館内のスロープを上がると富士山の登山の歴史、風景が壁に映し出されまさに居ながらにして富士登山をしているように演出されている。屋上展望台からは正面に富士山ですが、頂上付近は雲にかかって残念。

そして「道の駅あさぎり高原」を経て山梨県へ。本来は慈雲寺のイトザクラの予定でしたが既に葉桜。依って今回は眞原(さねはら)桜並木へ、甲斐駒ケ岳を背景にした桜並木です。私は初めてでしたが観光バス、乗用車が結構来ている。ここは少し遅い春真っ盛り。並木のソメイヨシノのもいいが西側に作られている「しだれ桜の里」もいい天気の晴れて周りの山々と青空がさらに桜を引き立ててくれる。帰路、山高神代桜(じんだいざくら)へ。
福島県の三春滝桜・ 岐阜県の淡墨桜と並ぶ 日本三大桜の一つだそう。葉桜になっているとはいえ根元・幹周り11.8mの迫力は神々しい。
満足度100%の歌声バスツアーでした。画像はそれぞれ桜並木、しだれ桜の里、山高神代桜
アコーディオンは34鍵盤96ベースのBrandoni Model 68 Super Musetteでした。
山高神代桜(じんだいざくら眞原(さねはら)桜並木しだれ桜の里山高神代桜(じんだいざくら
第8回 歌声バスツアー 
河津桜&南伊豆の桜

2015年3月2日
前日までの寒い雨と打って変わり,まずは好天ほっとする。
バスはすでに焼津で2名を乗せ静岡で30名あまりそして清水、富士川と総勢40人余りを乗せいざ河津へ。
 早速、歌声全開、「カチューシャ」から始まりドレミの歌、季節の歌と続く、富士山も真っ白。気がつけば河津。桜は満開、人も一杯。
そして南伊豆の桜と菜の花へと進める、こちらは菜の花が見事、何度もこちらへ来ているが今年はとくにいい、歩き疲れた足を足湯に浸ける。ちょっと熱めだが気持ちいい。帰路もうた、歌、今回はちょっとセーブして44曲。でももう少し少なくてもいいかなって感じ、歌がない時はお話しに花が咲いていた。帰りは沼津まで少し渋滞。画像は富士川サービスエリアからの富士山。車内から撮った河津桜の原木。一面に広がる菜の花畑。



ナンジャモンジャの花見

静岡城北公園、ナンジャモンジャ花見2012/5/1
某、町内会有志の方々による静岡城北公園のナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)の木の花見にて。
今年は桜、桃も開花が早かったナンジャモンジャも例年なら連休後くらいがピークで、心配していましたが桜などより開花時期が長くて何とか楽しめました。
風が吹くと
舞い散る花の下、さっそく歌い始める、小学生も輪に入り、隣の花見グループも♪
楽しいお弁当タイム、五月晴れの楽しいひと時です。

第4回歌声バスツアー

4/12(金曜)山梨県へ桃の花見に行ってきました、というものの、すでに桃の花は葉桃状態。それでも天気に恵まれ車内では楽しい歌声とおしゃべり。
桃は散っていましたけれどパンジー、チューリップ、そのほか春の草花が色々楽しめ、木々の若葉も美しく、

往復、素敵な富士山も見ることができました.

第3回歌声バスツアー
2012/9/17(月曜、敬老の日)

バスツアー集合写真

こ毎度好評の歌声バスツアー
巨峰もぎ取り食べ放題、富士吉田のうどん、,,もちろん歌声満載!
おかげさまで満席になりました。に
行ってきました。当初、台風の影響もあり天気が心配でしたが、通して恵まれました。
清水から新東名へさすがに快適、まずは歌声、オープニング、カチューシャから汽車、高原列車は行く、、、あっというまに沼津まで
ここでいつも撮り忘れている集合写真をハイチーズ。
その後少し早いけど富士吉田のうどん、

ボリューム満点、味も合格。いくつか廻り、メインのぶどう狩りの頃にはもうおなか一杯、でもおいしい巨峰でした。、、いろいろハプニングもありましたが天気に、人に恵まれ充実の一日でした。
使用アコーディオンはBrandoni Model 68